税理士 資格 メリット

MENU

税理士の資格を取得するメリット

長期間の勉強の末に何年もかけて税理士の資格を取得します。資格取得への意欲を持続し続けて勉強しなければならない難関の税理士資格を取得したら、どのようなメリットがあるのでしょうか。

 

数字や計算が好き、納税に興味がある、人の為になる仕事をしたいなど税理士を目指す理由はそれぞれでしょうが、取得後の税理士として働く自分を考えるから、数年間の苦労が報われるのでしょう。

 

税理士としてのスキルアップ

税理士事務所の税務スタッフとして仕事してきた今までと、資格取得後に「税理士」という肩書きが付いてからと、すぐに業務内容は変わらないかも知れません。

 

しかし、肩書が変化したことで、その肩書や環境に適した知識と技術を身につけなければいけない為、常にスキルアップし続ける必要が生じます。

 

環境が人を変え、税理士の経験や知識が豊富になれば信用や信頼も得ることが出来ます。スキルアップ出来る環境があるからこそ、やりがいを感じることが出来るでしょう。

 

収入アップ

税務スタッフから「税理士」と名乗れるようになったことは、税理士事務所勤務であっても、一般企業勤務であっても、一目置かれる存在になります。税法の専門家としてできる仕事も増えますし、要求されるスキルも多くなります。

 

業務内容や資格取得に応じて収入がアップすることは大きなメリットとなるでしょう。資格取得にかけたお金以上の年収アップを今後見込むことが出来るでしょう。

 

また、難関資格取得によっていないと困る人財となり、安定した収入が期待できます。

 

就職・転職が有利に

資格取得を期に転職を考える人も少なくないでしょう。また、大学卒業後の取得ならば、就職先を探すのに大変有利となります。

 

税理士資格を活かした仕事がしたいから努力して取得したのですから、一般企業でも諸手をあげて歓迎してくれるでしょう。税理士が社内にいることは、その企業にとって大きな存在になります。

 

これからの経営戦略や節税に関する相談を社外に持ち出す必要がなくなり、経費削減と短時間での方向転換、納税の問題解決を社内で処理できるのです。

 

企業で税理士の知識を生かした仕事ができることは、安定した職と収入を約束されることになり、それに見合った責任ある仕事をしなければなりません。

 

メリットとは、お金や肩書だけでは無い、税理士としての責任ある行動をとるプライドにあると考えることも出来るのではないでしょうか。