税理士 独立開業

MENU

税理士として独立開業するには?

税理士として独立開業するという事は、今現在税理士として働いている方からすれば目標となっていることかもしれません。

 

税理士として独立開業をし、その結果成功したとすれば、給料も上がりますし、自分自身が目指す税理士になることも出来ます。

 

そのためにはどうすればいいのか、少し見ていきましょう。

 

まずは資格を取得

当然のことになりますが、税理士として独立開業する以前の問題として、税理士資格を取得することは重要です。

 

税理士の国家試験を受験し、合格することで、税理士の資格を取得しなくては、税理士の仕事は出来ません。

 

業務独占の国家資格となっているため、税理士の資格なしに税理士と同様の仕事をすることは禁じられています。

 

税理士事務所などでの経験

税理士の資格を取得してからすぐに独立できるのかというと、そうではありません。

 

税理士としての経験もないままにいきなり独立したとしても、どうしようもありません。

 

どのように仕事を進めていけばいいのかというようなノウハウも分からないままとなりますので、仕事になりません。

 

まずは、税理士事務所などに就職し、税理士としての仕事をたくさん経験する必要があります。

 

やはり経験豊富な税理士の方に任せたいというのは、多くの方の本音ではないでしょうか。

 

信頼を得るという意味でも、経験はとても大切です。

 

顧客の獲得方法

資格を取得し、経験も数年積んだ!となれば、いよいよ独立開業を目指すことになります。

 

ですが、問題となるのは顧客の獲得方法についてです。

 

どんなに綺麗で大きなオフィスを建てても、どんなに素晴らしい税理士としての腕があっても、お客様がおられなくては仕事は出来ません。

 

お客様の獲得方法については、自分の営業力が試されることになります。

 

ネットで勉強したり、実際に顧客の多い税理士事務所で働いてみるということも一つの方法です。

 

独立開業するということは、思いのほか大変なものなのですね。