税理士試験 受験資格

MENU

税理士試験に受験資格はある?

難関の国家資格である税理士ですが、誰でもが受験できるわけではありません。税理士になる為の試験には、受験資格が必要になります。

 

公認会計士には受験資格は必要ありません。同じ国家資格であり、難しさからすれば公認会計士の方が難しいと言われるのに、なぜ税理士には受験資格が必要なのでしょうか。

 

どんな受験資格がある?

税理士の受験資格には大学・短大などの学歴によって取得できる資格、日商簿記1級資格を取得しているなどの資格取得による資格、会計や税理士事務所など仕事の経験3年以上の職歴による資格と3つの受験資格の取得方法があります。

 

大学進学時に税理士を希望している人は、大学在学中に履修単位で資格が出来ます。高校卒業や社会人、一般の人が税理士になりたいと思ったら、簿記1級などの資格を取ることが受験資格になります。

 

また、会社や仕事が会計に関した業務であればその職歴を証明して資格ができると言うわけです。

 

なぜ受験資格が必要なの?

税理士の受験資格が必要なのは国によって決められていることですから、取得するしかありません。

 

しかし、司法書士や公認会計士などの国家資格に受験資格はありません。学歴も資格も職歴も必要なく、だれでも受験することが出来るのです。

 

公認会計士については、合格すると税理士の資格が付いてくる、一つの資格で二つ手に入る資格です。公認会計士に受験資格は必要ないのに、受験資格が必要な税理士資格が与えられる、税理士だけの試験には受験資格が必要ですから、これは変だと思いませんか。

 

実際に、受験資格のいらない公認会計士の資格取得で税理士になる人も多くなっています。この違いは何だろうと考えれば、専門分野の相違からくる理由だとわかります。

 

公認会計士の業務分野は会計監査になり、税理士の仕事は税法だからです。法人個人問わず、納税する義務に対して適切な代理業務を仕事にしていますから、税法の専門家としての知識、技術が必要になるのです。

 

その試験を受けるにあたって、誰でも受験できるのでは知識が足りないということなのではないでしょうか。

 

法律、経済の勉強をしている大学生、簿記1級資格を持っている人、実務経験者、これらの資格は、税理士の試験勉強をしていく上にも最低限必要な知識の一つなのだと考えられます。