税理士 仕事内容

MENU

税理士の仕事内容とは?

税理士の仕事はどんな内容になるのでしょうか。会計士の仕事と違いがよくわからない事もあるでしょうが、字が示すように、税理士は「税法」の専門家、会計士は「会計監査」の専門家になります。

 

日本では、法人個人誰でも納税の義務があります。その税務に関する仕事をしているのが税理士になります。

 

税務代理

納税しなければならない納税者(個人・法人)に代わって、税金の申告を行います。

 

法人の場合は、決算申告(法人税、消費税他)が必要になります。個人の場合は、固定資産の売買や遺産相続の申告などがあります。専門用語や専門知識の無い人にとって、「納税」「税務署」に堅苦しくて、煩わしいと思っている人が多くいます。

 

その人たちに代わって納税の義務を怠らないようにしているのが税理士になります。

 

申告書類作成

納税する前に申告書の作成が必要になります。会社内の経理部などで作成できる部署や人がいると良いのですが、そうでない場合は中小企業の多くが税理士に依頼して申告書の作成をしてもらいます。

 

各種申告書には、納税者本人の記載欄と、代理で税理士が作成したことを表す欄があります。法人でも個人でも税理士が作成した場合には、本人の欄以外に税理士欄に記名捺印がされます。

 

申告書類は面倒で細かな計算を必要とする書類です。決して個人で出来ないものではありませんが、面倒と理解できない専門用語で多くの人は税理士に依頼するのです。

 

税務相談

毎年2月中旬〜3月中旬までが確定申告の時期になります。確定申告に入る前には、必ず税務相談が開かれます。税務署や市町村役所が開催する無料の税務相談には、多くの人が押し掛けます。この時の相談対応しているのも税理士になります。

 

公の相談だけでは無く、個人的に相談したい中小企業の社長や個人で遺産相続などの相談に事務所を訪れる人もいます。税務相談は、その後の書類作成や代理業務にもつながる大事な税理士の仕事になります。

 

税理士の仕事には、企業の大小、個人法人に関わらず税に関する業務は発生します。この事から、税理士事務所は日本全国どこでも仕事をすることは出来ます。

 

また、現在では納税申告に関する業務だけ行う税理士よりも、業種・業界専門のアドバイスや資産・遺産相続専門の税理士といった得意分野で活躍する税理士が増える傾向にあります。