税理士 難しい

MENU

税理士になるのは難しい?

「税理士になりたい!」「税理士って響きがかっこいい!」「給料が良いみたいだから憧れている」というように、税理士に対してのイメージやなりたい理由というものは様々だと思います。

 

税理士になるためには、国家試験を受験し、合格しなくてはなりません。

 

この国家試験がとても難しいとされており、数年かけて合格を目指すという方も多いとされています。

 

税理士になることは、とても難しい!?

先ほどもご説明しましたように、税理士になるためには、国家試験を受験し合格する必要があります。

 

この税理士の国家試験は、科目合格制となっています。

 

これは、全11科目あるうちの5科目に合格すればいいというものです。

 

ちなみに、何年かかっても、一度合格したらその科目は一生涯有効となります。

 

何年かかっても一度合格した科目は有効となるってことは、簡単じゃない?と思われる方も多いかもしれません。

 

ですが、簡単ではありません。

 

科目別に見た合格率も低い

税理士の国家試験合格率を見てみると、11科目のほとんどが、10%前後の合格率なのです。

 

こんなに低い合格率の試験を、何度も受験するというのはかなり酷なものがあります。

 

税理士の国家試験において、一度の受験で5科目同時に合格するというのは、不可能ともされています。

 

それほどまでに難しい試験になるのだという事を覚えておかなくてはなりません。

 

一般的には、1度の受験に1科目合格を目指し、5年程度をかけて税理士の資格を取得するという流れです。

 

そう聞くと、いかに難しいのかということがわかるのではないでしょうか。

 

数年かかるためにお金もかかる!

合格までに数年かかるとなれば、毎年1科目ずつの対策を行うとしても、かなりのお金がかかります。

 

対策講座などを受講すれば、毎年かなりの額が飛んでいく事になります。

 

そのような点からしても、税理士になることは難しいといわれているのですね。