税理士になるには 勉強方法

MENU

税理士になるにはどんな勉強方法がある?

税理士の資格試験には、受験資格も必要となります。受験資格の有無によっても異なりますが税理士試験に合格するまで、早くて2年、遅くて5〜6年、長い人では10年もの時間を掛けて資格取得します。

 

試験科目5科目を数回に分けて取得していきますが、どうしたら良いのでしょうか。勉強する方法を探してみましょう。

 

門学校・スクール


税理士は税法の専門家です。毎年改正される税法を、年一回の試験に向けて勉強するのは大変な事です。個人で改正になった内容を把握することも困難が伴います。

 

税の情報の入手だけを考えても、専門学校や資格の専門家に教えてもらい、資料を手にすることが最善と考えられます。

 

専門学校は、高校や大学を卒業したての若い人から、すでに会社で働いている人、フリーの人まで多くの人が税理士目指して勉強しています。境遇は異なっても、目指しているものは同じですから、牽制しあい情報の共有をしながらお互いに奮闘しています。

 

専門学校や資格スクールは指導力と合格率から、授業料も多額になるケースもありますが、専門の講師が対面で常に目標を提示しながら勉強に取り組みますので、短期間での合格が見込めます。講義で勉強したことを自習室で復習する、自宅の空き時間で予習復習を繰り返すことで、専門講師の授業が生きてきます。

 

専門知識には、専門講師の力が大きく影響すると考えられますが、同時に講師の教えを自分のものにする記憶力と理解力の訓練も必要でしょう。

 

通信教育

専門学校同様に、資料を手に出来る通信教育講座を利用する人も多くいます。専門学校などに通学するよりも料金が安価に抑えられることが大きいのと同時に、通学する時間が取れない仕事を抱える人に多い方法でしょう。

 

決まった時間が指定されていない分、自分の勉強時間の計画や受験へのスケジュールをしっかり作る必要があります。テキストと問題集で勉強していきますが、理解できない時や不明な事がある時は、通信でもサポート体制がしっかりしているので、計画通りに勉強する意志さえ身につければ良い方法になるでしょう。

 

一人でコツコツと勉強することが得意な人がいます。他者のいる専門学校では無く、通信でしっかりと勉強の仕方を身につけることで資格取得も可能ですから、続けていくことで力は必ず付くでしょう。

 

書店でテキストと問題集を購入し、独学で計画的に数年かけて合格を手にする人もゼロではありません。どの方法が合っているのか、この方法が一番良いは、人が決めるのではなく勉強していく人自身で決めて、努力していくからこそ勉強が続けられ、合格を手にするのです。