税理士 資格

MENU

税理士資格を活かすには?

税理士の資格取得には何年もの時間を費やします。会社勤めの傍ら勉強を重ねて資格取得した人にとって、掛けた年月とお金と自分の頑張りの結晶である税理士資格をどのように活かしたら良いのか、会社を退職して開業したほうが良いのかと悩む人も少なくありません。

 

税理士として税理士会に登録して、事務所を構えることが一番良いのでしょうか。

 

開業資金を得る為に

税理士としての専門知識は、一般企業にとっても大変重要なスキルとなります。会社勤務を続けながら資格取得したならば、同じ職場で今までと変わらない仕事を続けることに意味が見出せないかもしれません。資格取得した途端に無力感に襲われるかもしれません。

 

例えば、会社勤務の経理や会計担当ならば年収700〜800万円程あるでしょうが、転職して税理士事務所の勤務税理士になると、税務の経験知識は積む事が出来ますが、収入は半減してしまうでしょう。

 

そこで、今の会社で税理士を開業するのに足らない実務や経験知識を得ることで資格を活かすことが出来ます。

 

税務申告、決算申告はもちろんの事、社員の給料にも関わることで、年末調整や確定申告の相談、指導を業務として提案していきます。資格の勉強では事実にそぐわない事柄もあり、実際に経験しなければ理解できなかった小さな事柄もあるでしょう。

 

それらを、会社内で経験して実務を重ねることで、将来税理士として開業するときに有効なスキルとなって生きてくるでしょう。開業資金のためにも、企業内で資格を活かす道を自ら提案していきましょう。

 

開業する知識と顧客の為に

税理士になりたいから資格を取ったのです。税理士事務所の勤務税理士、または税務署や市町村役所の税務担当になりましょう。

 

会社勤務から転職するには、勇気がいります。収入が減るとなれば一層不安があります。しかし、いつかは税理士として開業したいのですから、足がかりを作ることは大事になります。

 

税理士になったからといって、すぐに顧客が出来る訳ではありません。税理士としてのキャリアや人柄、信用してもらえることで仕事出来るのです。収入が減少したとしても、顧客獲得の勉強、本業の知識の習得なのだと考えて、資格を有効に発揮できる税理士になる実務で、独立開業への一歩を踏み出しましょう。

 

どのような資格でも、取得した後の活かし方が大変だと考えます。資格取得で終わりでは無く、スタート地点に立ったと考えなおしましょう。

 

資格を活かすも眠らせるも税理士になった人自身です。経済活動に貢献する行動力と営業力、知識技術のスキルアップが資格を活かす道になるのではないでしょうか。