税理士 資格 専門学校

MENU

税理士資格を目指す|専門学校を受講するメリット

税理士になる為の勉強は、長期間の継続が必要になります。多くの人が専門学校を利用しているのには、専門学校ならではのメリットが有るからでしょう。

 

税法の知識や改正についての資料、テキストは普通には入手が困難です。この点から独学は無理と言われているのですが、専門学校で勉強することが最善の方法と言われる理由を見ていきましょう。

 

大手専門学校が試験に有利

専門学校には大小いくつかありますが、専門学校に通って勉強するならば大手の方が受験に有利であると言われています。

 

税理士試験科目ごとの合格者は例年10〜20%ほどしかいません。大手の専門学校は独自のテキストを作り上げています。このテキストで勉強している人が多数を占める受験者の中で上位の成績に入る確率は、中小専門学校よりも高くなることは当たり前のことなのです。

 

大手専門学校大原が合格者の60.8%が大原出身といっている仕組みです。受験者では無く、合格者で割合を出していることは、どのテキストで勉強しているかの反映だと考えられます。

 

また、大手での小テストや模擬試験での成績が、そのまま本番の試験結果を反映することになり、見直し対策をすることで合格率アップに繋がります。

 

勉強の習慣と継続

専門学校は通学しなければなりません。対面して講義を受けながら、疑問点や問題点などをその場で解決できる利点があります。

 

また、毎週決まった日時に通学することで、長期間の勉強を継続していかざるおえない状況を作り上げ、毎日の勉強習慣が身につきます。

 

また、仕事しながらの通学でくじけそうになっても、他の人も同じだと感じることが出来るので、資格取得に向けたモチベーションを保つことが出来ます。

 

孤立しない

税理士の試験勉強は持続することが難しいと言われます。一人で取り組む努力は時に孤独な戦いにも思えます。

 

専門学校に通う事で、同じ境遇でもみんな頑張っている、連帯感のような気持ちが生まれ、情報の共有や悩みの話し合い、自習時間の有効活用など孤立しないで勉強することが可能となります。

 

一緒に頑張っていることで、挫折せずに継続していくことが可能になるのです