税理士 資格取得 方法

MENU

税理士の資格取得方法とは?

税理士の資格取得は年に一回の筆記試験5科目に合格することです。

 

簡単に誰でも受験できるわけでもなければ、5科目一回の試験で合格できるものでもありません。科目ごとの平均合格率10〜20%という難関試験を突破して、晴れて資格取得となります。

 

しかし、その取得には長い勉強時間とそれを続ける強い意志が必要になります。

 

自分に合った計画を立てる

長期戦で挑む税理士試験ですから、勉強していく計画やどのような勉強方法を取るかがスタートする時点で最も大切な事になるでしょう。

 

税理士の試験勉強には、多くの人が専門学校や資格スクールを利用します。たくさんの受験勉強コースが設けられていますから、まずは自分の受験資格と能力によって、どの科目から受験していくかを決めましょう。その時の相談相手が専門学校などの担当講師になります。

 

この時点でわからない事や、科目の特徴などをよく把握して、必須科目と選択科目からどの順番にチャレンジしていくか、何年を目標にして頑張るかを見極めます。この見極めこそがカギになってきます。無理に多くの科目受験を考えず、確実に合格する科目選択が必要になります。

 

自分に合った勉強方法

普通に生活している限りでは知ることのない税に関する法律や財務諸表など、暗記だけでどうにかなる試験ではありません。推薦される勉強方法が自分にも合っているとは限りません。

 

ノートを取ること、書くことで理解すると言われますが、税理士資格取得の授業でノートを取ることは至難の業です。テキストを見ながら先生の講義を聞き、ノートを取ることで精いっぱいになってしまい、頭には入っていないのが現状だったりします。

 

人によっては全くノートを利用しない人もいます。書かないのでは無く、書く必要がある部分のテキストに直接書き込み、自分なりのルールでマーカーを利用し付箋で書き加え理解したら外すなど、ルールに囚われない勉強の仕方を見出すことも資格取得の近道になります。

 

会計学から2科目、税法科目から3科目、必須科目である会計学を先に取得してから、税法科目を取得していく人が多いようです。これは、会計学の簿財は簿記1級の受験資格延長上と考えられ勉強しやすく、重なる部分も多いことから専門学校でも簿財コースとして独立した流れを作っています。

 

情報を簡単に得ることが出来る現在、溢れすぎている情報に惑わされることなく、自分に合った順番で資格に取り組んでいきましょう。