税理士 1日

MENU

税理士の仕事|1日のスケジュールは?

税理士の一日のスケジュール、気になる方も多いのではないでしょうか。

 

普段とても身近なところでその仕事を見ることが出来ない分、どのような一日となっているのかは気になるところです。

 

税理士の一日のスケジュールは、税理士事務所などで勤務しているのか独立しているのかによって、大きく異なるとされています。

 

今回は、税理士事務所などで勤務している税理士の場合の一日のスケジュールについてご紹介していこうと思います。

 

もちろん一例となりますので、参考程度にご覧ください。

 

とある税理士事務所に勤務する税理士のスケジュール

8時30分 出社

出社したら、まずはメールチェックやスケジュールの確認を行います。

 

事務所内の簡単な掃除も、日替わりで行います。

 

9時00分 ミーティング

事務所内にてミーティングが行われます。

 

特別な連絡事項などがある場合にも、ここで情報を共有していきます。

 

9時30分 書類作成など所内業務

クライアントからの依頼である業務を行います。

 

依頼内容は様々となりますので、書類の数も膨大な数となりますが、一つずつ正確にこなしていきます。

 

12時00分 昼食

休憩時間は仕事は抜きにしてしっかりと休むことが大切です。

 

美味しいお店を見つけたり、お弁当を食べたりと、人それぞれの休憩時間を過ごします。

 

13時00分 訪問のための準備

クライアントの訪問のための準備として、書類の準備や資料の作成などを行います。

 

13時30分 監査

クライアントのところに到着してからは、雑談をしつつ近況をお聞きしていきます。

 

監査中に疑問点が出てきた場合には、この場でお伺いし、相談を受けた場合にはその都度応じていきます。

 

雑談も時には大切で、真摯な対応でクライアントとの信頼関係を築いていきます。

 

16時00分 帰所

事務所に戻ったら、外出中にあった電話やメールなどの確認を行います。

 

資料作成や整理、監査中にクライアントから受けた質問や相談についての調べごとも済ませます。

 

情報収集をしっかりと行い、その日の仕事は終了です。