税理士 独学 注意点

MENU

独学で税理士を目指す際の注意点

独学で税理士の資格取得を目指したいという方もおられると思います。

 

独学であれば、テキスト代や受験費用のみとなりますし、余分なお金は一切かかりません。

 

また、自分の好きなように学習できるため、独学という方法で合格を目指す方もおられます。

 

ですが、独学で税理士を目指す際には、いくつか注意しなくてはならない点があるのです。

 

独学で税理士の資格を取得することは難しい!

税理士の国家試験は、とても難しいとして有名です。

 

11科目中、5科目に合格することで税理士となることが出来るのですが、11科目それぞれの合格率は、例年10%前後となっています。

 

また、税理士の国家試験では、科目合格制となっており、1科目合格したらその科目は一生涯有効となります。

 

それなら独学でもいけそう!と感じる方がおられるかもしれませんが、逆に考えると、それだけ難しい試験だということになります。

 

一般的には1年に1科目の合格を目指して学習し、5年程度をかけて税理士になるという方が多いとされています。

 

中には、10年近くかかるという方もおられるほど、税理士になる道は険しいのです。

 

そんな中で独学で勉強するとなれば、どのような苦労があるかは大体想像がつくのではないでしょうか。

 

税理士の国家試験を受験する方の多くは、通信講座や通学講座、予備校などを活用して学習を進めておられます。

 

それらを活用してもなお、合格までたどり着く事が出来ずに挫折される方も多いのです。

 

独学で合格を目指す際の問題点

○どこが重要ポイントかが分からない
○どんなテキストを買えばいいのか分からない
○どんなスケジュールを立てればいいのか分からない
○疑問点があっても解決する手段がみあたらない

 

など、独学で合格を目指す際には、このような点が問題となることがあります。

 

相当な覚悟と食い下がっていく気持ちがなくては、税理士の国家試験に合格することは出来ないとも言われています。

 

また、独学の場合には、法律の改正などについての情報を集めたりすることも一苦労です。

 

どうしても独学で受験したいという方を止めるわけではありませんが、合格を目指すのであれば予備校などを活用されることをおすすめします。