税理士 給料

MENU

税理士の給料はどれくらい?

難関の税理士試験を5科目合格して2年間以上の実務経験後、税理士会に登録することで晴れて税理士として仕事をすることが出来ます。

 

勤務先は会計事務所か税理士事務所が一般的な職場になります。資格取得前からすでに会計事務所などで仕事をしていて、資格取得と共に独立する人もいるでしょうが、独立しても顧客がいるかどうかで収入に差が生じます。

 

税理士資格を取得しても、勤務税理士が多くいるのが現状です。

 

経験年数と得意分野

一般的な数人から十数人の会計事務所や税理士事務所に、勤務する税理士の平均的給料は、年収で500万円前後と言われます。

 

この500万円が通常の会社勤務の社員と比較して、多いのか少ないかは人により感じ方は異なるでしょうが、数年かけて取得した税理士資格を持っていての給料と考えれば、思ったよりも少ないと言われるかもしれません。

 

しかし、会計事務所や税理士事務所の一般スタッフの年収が250〜400万円とされますから、税理士資格を持っているだけで500万円はあるのだとも考えられます。また、勤続年数が5〜10年程度の管理職クラスになれば500〜800万円ぐらいとなります。

 

一般企業と同様に、キャリアの積み重ねと中堅、役員となっていけば経験も顧客の信用もまた専門知識も多くなりますから、比例して収入も多くなっていきます。勤務役員で800〜1000万円も可能となります。

 

独立開業は経営者

勤務税理士として数年を過ごしたら、自分の事務所を持って独立する税理士も多くいますが、現在税理士は余剰であるとも言われ、勤務時代よりも収入を増やすことを可能にするには、経営者でもある税理士の努力にかかっています。

 

記帳代行業務も税理士の仕事ですが、近年では会計ソフトの利用によって、簡単に記帳業務ができる為、税理士としての記帳代行業務は減少しています。

 

コンスタントに収入に繋げるには、中小企業を顧客にして財務のコンサルティングや税務管理、節税相談などのコンサルト業務に税務処理のスペシャリストとして如何に貢献するかではないでしょうか。

 

独立開業しても収入は勤務時よりも減少する500万円以下のところもあれば、1000万円以上を稼ぐ人もいるのです。

 

難関試験に合格したからといって、すべてが収入に繋がるわけではありません。試験に合格して、税理士として歩き出した後の方が大変だとも言われています。