税理士 仕事 大変

MENU

税理士の仕事|大変なのはどんな部分?

税理士の仕事に限らず、大変だと感じる事はどのような職業にもあることです。

 

こんなに大変なんて・・・と、仕事をやめてしまいたくなることもあると思います。

 

多くのクライアントや数字、お金と向き合っていくことになる税理士の場合、どのような点を大変だと感じるのでしょうか。

 

税理士の仕事のここが大変!

税理士の仕事に必ずつきまとうのが、お金・数字に関することです。

 

仕事の多くが、税金に関する話題、書類などに関わっていきますので、仕事自体が地道な作業とも言えます。

 

税理士になる方というのは、もともと計算などに抵抗がなく、むしろそれが楽しいと感じている方も多くおられます。

 

ですが、そのような方であっても時には嫌になってしまうほど、とても多忙な時もあるのです。

 

正確さが重要ゆえに・・・

税理士の仕事には、正確さが大切になります。

 

そのため、一つでも計算が狂ってしまうと、全てが狂ってしまうといっても過言ではありません。

 

正確さが求められる仕事ゆえ、そのプレッシャーなどは大きくのしかかることになります。

 

税金の計算自体がとても複雑で、膨大な資料に目を通したり、変わっていく法律なども理解していなくてはなりません。

 

そのため、日々勉強を強いられる状態にあり、税理士になってからも勉強づくめとなってしまいます。

 

もし税理士が関わっているにも関わらず、なにか不備があった場合、信頼もなにもかも失うことになります。

 

さらに、クライアントまでもがその損害を受ける事になります。

 

税理士には、とても大きな責任があるという点で、大変だと感じる方が多いようです。

 

肩こりなども深刻

そして、細かい作業につきものとなるのが、肩こりや目の疲れです。

 

日々このような疲れが溜まると、深刻な状態に陥ることもありますし、ストレスなどもたまっていきます。

 

それをうまく発散させることが出来ればいいのですが、税理士という仕事上、派手なことは出来ません。

 

どのように自分の身体や心と向き合っていくのかという部分も、大変に感じる方がおられます。