税理士 向いている

MENU

税理士に向いている人の特徴は?

税理士と聞けば、頭が固くて融通の利かない人と思っている人も多いことでしょう。会計だけではなく税法が専門ですから、普通の人は「税」にも「法」にも過剰反応してしまいます。

 

しかし、数字が好きだとか計算して答えが出ると嬉しいと思う人は多いでしょうし、曲がったことは大嫌いという正義感の強い人もいるでしょう。

 

では、数字好きや正義感が職業に通じるとすればどんな職業になると思いますか。ちょっと堅苦しいと感じる税理士に向いているか見てみましょう。

 

計算の持久力

子供の頃、数字や算数が好きで得意、学校での成績も良いとなれば、本人よりも親が会計や企業の経理職にと考えるかもしれません。税理士を考えるのは、少し年齢が高くなってからではないでしょうか。

 

一つの計算や数字を解明することで、ヤッターという達成感で終わらないのが税理士です。会計士同様に計算と数字の謎解きのような仕事ですが、この日々の仕事は続けていかなければなりませんし、顧客の望む売上達成や計画通りの数字に近づける指導も必要です。

 

難儀なことがあっても数字や会計処理にたいする継続した能力、持久力がある人に向いている職業と言えるでしょう。

 

コミュニケーションと経営

税理士の資格を取り、独り立ちして事務所を構えたら一人の経営者になります。経営することは、仕事(売り上げ)がなければなりませんから、ただ誠実に来た仕事をしていたのでは新規の顧客はつきません。

 

専門的知識をいかした指導力や分析力よりも必要になるのが、顧客を掴む高いコミュニケーション能力です。

 

税理士の能力を話すのではなく、顧客の希望をよく聞き、理解して、提案する、一緒に経営に尽力する、顧客に理解してもらうコミュニケーション能力と営業力なくして、新規開業の税理士事務所の経営は難しいでしょう。自社の経営が出来ない税理士に顧客は付きません。

 

法の専門家として、顧客の節税対策や投資、経営分析することで、その企業の売上アップに貢献します。それによって税理士としての信頼も得られるのです。

 

自分の事務所経営ならば、と考えて臨機応変な対応力を持った人も税理士には向いているでしょう。

 

節税と脱税

日本国民には、納税の義務があります。税理士は税法のプロとして確実に納税してもらうためにサポートするのが仕事です。税金が多額になると利益は減ります。個人も法人も同じです。

 

経営相談も節税対策も税理士には必要な仕事です。節税と脱税の境界線はあいまいな点もあります。

 

税理士は国の税金に大きくかかわりますから、社会的にも大きな責任を持っています。責任感と正義感の強い人は、税理士になる適正に優れた人と言えるでしょう。