税理士とは

MENU

税理士とは?

税理士とは、どのような仕事を行なっていく人のことを指すのでしょうか。

 

税理士になるためにはどうすればいいのか、どのような仕事を行うのかという事について、見ていきましょう。

 

税理士ってどんな仕事をするの?

税理士は、以下のような仕事を行います。

 

・税務書類の作成
・税務相談
・税務代理
・会計業務

 

など、このような仕事を行っていく事になります。

 

では、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

税務書類の作成

税務書類の作成というのは、クライアントに代わって、確定申告書や青色申告承認申請書、不服申し立て書などの提出書類を作成する仕事です。

 

クライアントの税務書類を税務署に提出する際には、署名押印が必要となります。

 

税務相談

税金のことでクライアントが困っているときや、質問や疑問があるときなどに、相談に応じる仕事です。

 

税金の算出方法から相続について、所得金額についてなど、あらゆる税金の相談に応じます。

 

税務代理

これは、確定申告や税務調査などの立会い、税務署の決定に不服がある場合に、クライアントの代理として申し立てを行う仕事です。

 

クライアントの代理として、様々な仕事を担う事になります。

 

このように、税理士は「税のプロ」として仕事をしていきます。

 

頼りになる税理士を見つけ、税金のことをいつでも相談できるようにしておくという方も多くおられます。

 

どうすれば税理士になれるの?

では、どうすれば税理士になることができるのでしょうか。

 

まず、税理士になるためには、税理士の国家資格を取得しなくてはなりません。

 

税理士は業務独占の国家資格であるため、資格を取得せずに税理士の業務を行うことは出来ません。

 

税理士の国家資格は難易度が高く、数年をかけて合格を目指すという方も多くおられます。

 

責任が重く、それでいてやりがいが大きい税理士の仕事は、今とても人気があります。

 

独立開業を目指す税理士もとても多いとされています。