税理士になるには 専門学校

MENU

専門学校に通い税理士になるには?

税理士試験は合格率の低い難関の国家試験として有名です。その受験勉強を独学でと考えている人も少なくないでしょうが、成功率は限りなくゼロに近いと言えます。独学で理解出来るほど簡単ではないのです。

 

受験資格のある税理士試験は、その受験資格を得る為の勉強を必要とする人も居ます。

 

長期間の勉強を必要とする税理士への一番の近道は、専門学校に通う事だと言われています。

 

試験に向けての計画性

専門学校では、受講者によって一番適した手順で勉強できるように、いくつかのコースを設けています。

 

大手の専門学校は、高校卒業生が大学や短大に通うように、専門資格取得する通常の「専門課程」と、社会人や一般の人が受講できる「社会人講座」とに大きく分類され、その「社会人講座」は、1〜4年コースまで選べる税理士チャレンジコースや、日中仕事をしている人にも受講可能な夜間専攻科を設けています。

 

受験科目5科目は長期に頑張り続けなければ全科目取得は出来ません。途中息切れしない連続して勉強し続ける計画と、他の受講生から受ける刺激も大きな意欲に繋がります。

 

専門学校の専門性

なぜ専門学校と呼ばれるかは、その名の通り「専門に特化」しているからです。

 

税理士受験に向けて講師陣は全力でバックアップします。税理士講義の講師は、常に試験の傾向と対策を把握して、受講生の向き不向きにあった試験科目の選択相談にも乗ります。

 

必須科目は全員がチャレンジ合格しなければなりませんが、選択科目は人によって合格する可能性がより高い科目選択が必要になります。

 

専門学校が選ばれる理由は、その専門分野に長けており、疑問点や質問に対してその場で解決できることが、勉強を進めるうえで有効な手段となるからです。

 

試験は年に一回

税理士試験5科目を年一回の試験で全科目合格を目指すことは無謀と言われます。毎日5科目を平均して勉強し続けることが不可能だからです。

 

試験にチャレンジできるのは一年に一回、1科目か2科目を受験して2〜3年で5科目合格を目指すのが最適な受験の仕方であり、有効な勉強の仕方だと言われます。

 

税理士資格取得へのレールを敷いてくれる専門学校で、途中下車せずにゴールまで進むのはあなた自身です。