税理士になるには

MENU

税理士になるには?

税理士になるためには、一般的には試験を受験して資格を取得するという方法がとられます。

 

国家試験である税理士は、国家試験の中でも難しいとされる分類であり、合格率も低めとなっています。

 

国家試験を受験せずに税理士として働く方法もありますので、同時にご紹介していこうと思います。

 

国家資格を取得することは必須

税理士は国家資格であり、国家資格の中でも名称独占と業務独占の資格があります。

 

名称独占の国家資格としては、社会福祉士や介護福祉士、保育士などがあり、その資格を取得していなくては名乗る事ができないというものになります。

 

それに対し、業務独占の国家資格はその資格を持っていなくては業務を行う事が出来ないものを指し、弁護士や医師、看護師などがこれにあたります。

 

税理士の資格は、業務独占の国家資格となっています。

 

そのため、税理士としての仕事を行うためには、税理士の国家資格を取得していなくては業務を行う事は出来ません。

 

ということで、税理士になるためには国家試験に合格することが必須となります。

 

税理士の国家資格を受験するためには、学歴なども関係してくるため、大卒で国家試験を受験するという方がほとんどです。

 

少し変わった税理士になる方法

税理士になる方法として、実は国家資格を取得しなくても良い方法というものがあります。

 

それは、税務署や国税官公署にて23年以上勤務し、指定の研修を受けるという方法です。

 

ただ、23年以上も勤務しなくてはならないために、あまり現実的ではありません。

 

他の資格を取得することで税理士になる方法

そして、税理士の国家資格ではなく、弁護士や公認会計士の資格を取得することによって、税理士として働く事が出来るという方法もあります。

 

ただ、税理士として働きたいという理由で一直線に税理士を目指される方がほとんどだと思いますので、この方法もあまり現実的ではありません。