税理士 資格 就職

MENU

税理士資格を取得するとどんな就職先がある?

難関の税理士資格を取得出来たら、税法の専門家として一線で活躍したいと誰でもが考えるでしょう。

 

また、独立開業して税理士事務所の先生として、信頼される税理士になりたいと夢も膨らみます。税法の専門家とは言いますが、自分の事務所を持って税理士として仕事するのが税理士の道とは限りません。

 

税理士資格でどのような就職が出来るのか、資格を活かす職場を見てみましょう。

 

会計事務所、税理士事務所

税理士試験に合格してから、税理士会に登録するまでに2年の実務経験が必要になります。そのまま、その事務所で税理士として勤務することが出来ます。

 

「税務担当◯◯」であった名刺の肩書、呼称が「税理士」「先生」に変わるのです。

 

税理士としてすぐに独立するのではなく、お世話になった事務所に続けて勤務する税理士として信頼を築いていくことが出来ます。

 

税務署、市町村役所

税理士でも、個人対象の税法が得意な人と法人担当の方が良い人がいるでしょう。税理士の仕事は個人の納税相談や試算なども含まれます。コミュニケーション能力も税理士には必要です。

 

多くの法人、個人が納税や相談に訪れる税務署や市町村役所の納税関連部署では、税理士資格を持っている人材を求めています。

 

資格取得のための勉強であった知識や技術が、直接人の為、会社の為に生きることは大変やりがいのある仕事です。個人、法人の立場や利益を理解して仕事していくことが、将来独立する時にとても役立つ経験となることでしょう。

 

一般企業、小売店

仕事をしながら税理士資格を取得した人も多いと思いますが、合格したからといってすぐに会社を退職して独立出来るとは限りません。

 

一般企業や小売店などでも、必ず納税の義務はあり会計の仕事も発生しています。税法の専門家が企業に存在することは、会社に取って大変心強いものです。

 

経理部や財務・会計に属し常に税理士としての知識を生かして仕事をしていくことで、社内における評価も上がり能力を生かす仕事を手に入れることが出来るでしょう。また、その仕事に見合った収入を得ることも可能になります。

 

いつかは自分の事務所を開業したいと願っているでしょうが、一旦は直接税に関連する業務に就くことで税理士として必要な信頼と経験を積んでいきましょう。

 

納税無くして国は成り立ちません。責任ある業務を担っている事を意識して励みましょう。